Syndicate this site ATOM (XML) Syndicate this site RSS 2.0 (XML)

« at 甘粛省嘉峪関 on 24/Jul/1999 | Blog's TOP | at 甘粛省嘉峪関 on 25/Jul/1999 »

at 甘粛省嘉峪関 on 25/Jul/1999 Deprecated: The each() function is deprecated. This message will be suppressed on further calls in /home/blog/mt/sunouchi/geolink_function.php on line 6

Posted by snotch at March 13, 2003 11:39 PM

朝7時起床。宿のレンタル自転車を借りて、万里長城第一墩(万里长城第一墩 wan li chang cheng di yi dun)に向かう。自転車で万里の長城の端っこに行くなんて、なんて素敵なサイクリングなんだろうと、胸を躍らせペダルをこいだ。毎度のことですが、重厚な骨組みに、肉厚で幅広のタイヤからなる中国製自転車は、ペダルがとっても重い。嘉峪関の町を抜けると、強烈な向かい風と、砂利にタイヤをとられるのとで、歩いたほうが楽なんじゃないかと、何度もこのポンコツ自転車のことを責めたくなった。ずーと遠くの山脈のところまで、何も視界をさえぎるものがないので、果たして自分が前に進んでいるのか不安になるくらいだ。

万里長城第一墩がどこにあるのか、大体の見当で来てしまったので、目的地らしきものが見当たらず、だんだんと不安になってきた。が、宿を出発して、自転車をこぐこと約1時間半、それらしきものが見えてきた。近くまで来て悟ったのだが、北大河(bei da he)をはさんで、万里長城第一墩とは反対岸に来てしまった。しまった、と一瞬思ったが、きっと反対側から見る機会のほうが貴重だ。とくに、長城が河岸の絶壁でさっくりと切れているところなど、こっち側からしか見れないだろうし。
きっと、長城作った人達は、「ここまで壁作っとけば大丈夫だね」と互いに語っただろう。「そうだね」といってあげたい。

TrackBack

Listed below are links to weblogs that reference at 甘粛省嘉峪関 on 25/Jul/1999:

» 嘉峪関−2− from 中国思い出日記
貧乏旅行者は、貧乏だったのでカメラを持っていませんでした。友達に借りることもできたんでしょうが、なくしたら大変だし、カメラを持っていると撮影に気が取られ、大切なものを見... [Read More]

Comments

こういう景色のところ好きだ。とても好きだ。

ESの合間には、こういう景色もってこいです
思わず、ES書くの途中で棄権しちゃいます