Syndicate this site ATOM (XML) Syndicate this site RSS 2.0 (XML)

« at 四川省若爾蓋 on 11/Jul/1999 | Blog's TOP | at 四川省郎木寺 on 12/Jul/1999 »

at 四川省郎木寺 on 12/Jul/1999 Deprecated: The each() function is deprecated. This message will be suppressed on further calls in /home/blog/mt/sunouchi/geolink_function.php on line 6

Posted by snotch at December 5, 2002 5:51 PM

早朝起床。6時すぎのバスで郎木寺(langmusi)へ。乗客はみなチベタン。地平線まで花畑の大草原を、おんぼろバスでぶっ飛ばすのがこんなにも気持ち良いなんて。

しばらくして、ちょっとした峠に差しかかったのだけれど、峠の手前で皆が小さな声で歌を唄いだした。お経のような、呪文のような。ちょうど峠を越えるとき、皆が一斉に窓を開き、小さな紙切れの束を空へ向かって手放す。ぱぁーっと色とりどりの紙片がバスの周りをひらひらと包んで、このままみんなでどこか知らない所へ行ってしまいそうな、不思議な一体感。自分が自分でないような、浮遊感。

四川省からの道@郎木寺僧坊群と大チョルテン@郎木寺郎木寺は、四川省と甘粛省の丁度境目にあって、村の真ん中を省境が走っている。村には、セーティ・ゴンパとキルティ・ゴンパの2つのゲルク派の大僧院があって、省境を挟んで向かい合うかたちになっている。どちらの僧院も、文化大革命によって壊滅的な被害を受けたが、80年代以降復興が進められている。この2つのゴンパは、案の定というか、とっても仲が悪いそうだ。

セーティゴンパ遠景@郎木寺ドミトリーの部屋に入ると、エルビーと名乗る、インドゴア出身という怪しい系中年白人がいて、既にガンジャでキマっている模様。そのあと、延々とこれはいらんか、あれはいらんかと、バックの中からおもちゃやら置物やらを引っぱり出してきて、セールストークを受けることになる。まことに迷惑な話だけれど、こういう人は結構好きだ。

Comments

中国内陸部のドミトリーっていくらぐらいなの?お寺はタダで泊まれる?

決めたっ。
今日から須之内君のことを“すのっち”と呼ぼう。

ドミトリーは10~20元位かな。
観光地でない所なら、タダで泊めてくれるお寺もあるけど、僕の場合は、やっぱり20元くらいはお布施しないとなあと思うし、より気楽だから、宿があれば宿に泊まるな。

そうかぁ。お布施を考えるとドミトリーかぁ。情報も得られるしね。