Syndicate this site ATOM (XML) Syndicate this site RSS 2.0 (XML)

- India West Bengal (インド 西ベンガル) Archives -

at Calcutta (Kolkata), India on 27/Oct/1999 Deprecated: The each() function is deprecated. This message will be suppressed on further calls in /home/blog/mt/sunouchi/geolink_function.php on line 6

Posted by snotch at August 7, 2007 3:07 PM

at Calcutta (Kolkata), India

 寝台ベッドの上で盗難劇の一部終始を回想しながら、いつのまにか眠りについたようで、スッキリ目が覚めると既に翌日の朝。列車はガンジス川を幾度か渡って平野をひたすら東に走り続ける。チャイを啜りながら無心に外の景色を眺めていると、少し黄色味がかった爽やかなグリーンの小麦畑のなかに、色とりどりのサリーをまとった女性の上半身が見え隠れして、川面に浮かぶ花びらのようにいつの間にか現れて消えていく。インド鉄道にしては優秀といえる定刻10分遅れ、なんとか日が暮れる前にカルカッタへ到着。

 カルカッタはインド第4の大都市だが、デリーに比べて幾分のんびりとしている。かつてはイギリス領インドの首都だったことが手伝い、当時の都市計画によるものと思われる大きな公園や街路樹、苔むした印英風コロニアル建築が、インドのなかでも独特な、何かしっとりとした雰囲気を生み出している。今(2007年)となっては、サイクル・リキシャ(足でこぐリキシャ)はいよいよオート・リキシャ(エンジンで動くリキシャ)に役割をとって代わられ、その数が激減したと伝え聞くが、この日記を記した1999年当時はまだまだサイクル・リキシャが全盛の時代で、リキシャ・ワーラーはリンリンベルを鳴らしながら全身でペダルをこぎ、石畳の上を縫うように走っていた。カルカッタのサイクル・リキシャの激減と同時に、なぜか野良牛の数も激減したらしく、真偽の定かでない様々な都市伝説をみみにする。一番有名なのは、デカン高原の中央部へと、島流しならぬ高原流しにされたとか。

 さて、バックパックにはまだ未使用の新鮮なフィルムが数十ロールほど詰まっていたので、カルカッタの主なカメラ屋を徘徊して中古品を物色していると、カメラを全部盗まれた後の若者の懐に優しく、ボディのプラスチックのペカペカ具合が斬新な、Vivitar S3000という聞いたこともない中古一眼レフが目の前に現れた。どこかで盗まれたものが巡って回ってきたのかもしれないなと想いながら、早速残り少ないT/Cをルピーに換金し、レンズとセットで購入。

at Bangaon, India on 28/Oct/1999

Posted by snotch at August 15, 2007 12:41 AM

- Railside life -

at Bangaon, India on 28/Oct/1999

at Haridaspur, India on 28/Oct/1999

Posted by snotch at August 22, 2007 7:47 AM

at Haridaspur, India on 28/Oct/1999

 カルカッタからバングラディシュ国境近くの街ハリダスプル(Haridaspur)へと向かう午後のローカル列車では、空になった巨大な魚籠を背もたれにして、カルカッタの街で今日の商いを終えた漁師たちが、緩んだ顔で口を開けて眠り惚けている。ハリダスプルはカルカッタから小一時間ほど走ったところにある小さな街だが、ときおり路地の奥から生活の音が聞こえてくるくらい穏やかな雰囲気で、さっきまでのカルカッタの喧噪が嘘のようだ。国境までの数キロの道のりは、両の手をいっぱいに広げたよりも幹の直径が大きな巨木並木が延々と続く。

at Calcutta (Kolkata), India on 12/Nov/1999

Posted by snotch at November 11, 2008 8:15 AM
 日本のシステムからしばらく離れているとはいえ、それでもヒドく緩慢に感じられる両国イミグレーションの対応にヤキモキしながら、結局バングラ - インドの国境越えに7時間を要し、2週間ぶりにカルカッタへ戻ってきた。ドミトリーがどこも満床だったけど、さすがにカルカッタで野宿はしたくないので、Hilsonという紛らわしい名前の宿に荷を降ろす。
 2週間前にカメラセット一式を全部持っていかれてから以降、カルカッタで仕入れた中古カメラ一台を携えていたが、8000円の一眼レフにしては案外しっかり機能しそうなので、同じものをもう一台仕入れることにして街に出た。カルカッタの人口の大部分は、バングラディシュと同じベンガル人なのに、国境線を跨いで住む場所が違うだけで全く違う人たちに見えてくる。
at Calcutta (Kolkata), India on 12/Nov/1999

at Calcutta (Kolkata), India on 13/Nov/1999

Posted by snotch at December 9, 2008 11:48 PM
- ヴィクトリア記念堂、英領インドの面影 (Victoria Memorial Hall, Vestige of British India) - at Calcutta (Kolkata), India on 13/Nov/1999

at Calcutta (Kolkata), India on 14/Nov/1999

Posted by snotch at February 1, 2009 4:01 AM

- Esplanade -
at Calcutta (Kolkata), India on 14/Nov/1999at Calcutta (Kolkata), India on 14/Nov/1999