Syndicate this site ATOM (XML) Syndicate this site RSS 2.0 (XML)

- July 2004 Archives -

at インド へミス (Hemis) on 20/Sep/1999 Deprecated: The each() function is deprecated. This message will be suppressed on further calls in /home/blog/mt/sunouchi/geolink_function.php on line 6

Posted by snotch at July 10, 2004 1:59 AM

タクトクゴンパからインダス河の谷まで下り、そこから西南西へ干乾びたインダスの支流を登る。2時間程歩くと次第に谷が狭まり、数十の民家と畑のある小さな村を通り抜けると、地面に斜めに突き刺さったかに見える巨大な岩山を背にして、へミスゴンパ(Chanchubsamling )が見えてくる。

17世紀の建立当時よりしばらくはナムギャル王家より手厚い庇護を受け続けたことと、1974年以降、国外の旅行者が大勢ラダックにやってくるようになった後は、旅行者の大半が訪れる有名なゴンパとしてその名を知られるようになったことで、他のゴンパと比較してずいぶんと贅沢なメンテナンスが施されているようにみえる。いささかおカネの匂いがしないでもない。
この壮観なゴンパは、幾つもの堂が入り組み、岩山の裾に沿って細長く広がるコンプレクスで、内部を進む際、領域を跨ぐ毎に、次々に異なる場面が展開する。多様なレベルのフラットルーフの上を、昇ったり降りたりしながら自在に行き来できるようになっているのも、よく出来た造り。一番上部のフラットルーフには所々に植栽が施してあって、素敵な屋上緑化になっている。

at インド へミス (Hemis) on 21/Sep/1999

Posted by snotch at July 21, 2004 8:38 PM

昨晩、南京虫に襲撃されたようだ。この虫、どういうつもりか知らないが、刺した後すぐには痒くならず、一日から一日半後より2週間ほど、猛烈な痒みに襲われるという厄介な存在。まだ、それほど痒くはないけれど、以前にやられたときと同じ感じだから、襲撃されたことには間違いない。
朝6時頃、ゴンパの背後に屏風のように聳える岩山の頂上に陽があたると、それから30分かそこらで、ゴンパの位置まで陽の線が降りてくる。まず最初にゴンパ全体が陽に照らされ、ゴンパの下の村のほうまで次第に陽が入ってくる。日の出からまだ一時間足らずというのに、既に影のコントラストが強烈。

at インド ティクセ (Tikse) on 21/Sep/1999

Posted by snotch at July 26, 2004 3:32 AM

Tikse, ladakh India

Tikse, ladakh India