Syndicate this site ATOM (XML) Syndicate this site RSS 2.0 (XML)

- October 2005 Archives -

インド マナリ へ (from Leh to Manali, India) on 30/Sep/1999

Posted by snotch at October 2, 2005 11:22 PM
 しばらくの間お世話なったお礼を言って,Ti-Seiゲストハウスの皆とお別れする.ゲストハウスの居間のテレビの前で,おばあちゃんが「ジャパニー,バーイ.ジュレー」と何度も繰り返し挨拶してくれる.
 マナリ(manali)への今シーズン最終バスはAM5:30発.来たときのマイクロバスと違って,後輪2*2タイヤの大型バスなので,おんぼろだけど乗り心地が格段に良い.それから,運転手のオヤジも一級のプロフェッショナル.来たときの頼りない少年と違って,5000m級の山々の合間をぬって,平地を行くかの如く猛スピードで走る.

991002_01.jpg
991002_02.jpg

インド マナリ へ (from Leh to Manali, India) on 30/Sep/1999

Posted by snotch at October 3, 2005 2:13 AM

- Serchu -
991002_03.jpg
991002_04.jpg

at インド バタル付近 (near Batal, India) on 05/Oct/1999

Posted by snotch at October 27, 2005 11:45 PM

Manali - Kaja
manali - kaja

 マナリから北にあるロタン峠(Lotan La 3978m)を越えて谷に下ったところで,レーに向かうのとは反対の東の方角へ分岐すると,ここからしばらくの間,チャンドラ川(Chandra)に沿って緩やかな勾配が続く.この辺りの流域は,数キロ先の山裾まで延々と河原が続いており,辺り一面,丸みを帯びたカボチャ程の大きさの石が河原の砂利に半分埋もれて頭を出している.
 TATAのオンボロ公営バスは,時折気にする事なくそのカボチャ石を踏むので,固いサスペンションに支えられた車体はガタガタと大きく軋む.一応指定席のチケットなので,本当なら乗り心地の良い前方の席が自分にあてがわれていたはずなのだけど,何故かそこに西洋人のペアが座っているので,仕方なく後部の座席から彼らの後ろ姿を拝んでいる.