Syndicate this site ATOM (XML) Syndicate this site RSS 2.0 (XML)

- Pakistan Punjab(パキスタン パンジャブ州) Archives -

at パキスタン ワガー on 01/Sep/1999 Deprecated: The each() function is deprecated. This message will be suppressed on further calls in /home/blog/mt/sunouchi/geolink_function.php on line 6

Posted by snotch at November 30, 2003 6:53 AM

TV局のアルバイトに数日間携わった後、ビザがすぐにも切れてしまいそうだったので、急ぎ足でインドとの国境の町までやってきた。ギルギット ~ ラーワルピンディ ~ ラホール ~ と、6~700kmの道程をバスを乗り継ぎ、ワガーに到着したのは16:30。ところが、国境は15:30に閉じてしまっていて、今日はインド側に渡れないことが判った。宿が無いので(ホントウはあるのだけど、なかなかに高価)ラホールに引き返そうかと一瞬思ったが、国境のすぐ手前にある土産物屋の主人が屋外ベッドを貸してくれるというので、国境に一晩留まることにした。

国境を越えそびれたおかげで、日没時、印パ両国側で同時に行われる国旗の降納式を見ることができた。これは、見世物的要素が色濃い催しで、係官の制服、コミカルな動き、いちいちオーバーリアクションなところなど、見ていて理屈ぬきで楽しめる。パキスタンに呼応するようにして、インド側も同じ時刻に演じているのも面白い。両国ともに、大勢のギャラリーがやってきている。

夜になって、国境から人がいなくなってしまえば、どこにでもあるような静かな農村と変わらない。鍵のかかる洗濯屋の店内に荷物を置かせてもらい、店の親父さんと簡易ベッドを並べて屋外で眠る。寝る前に、親父さんのトロンとした目が、じっとこちらを見つめていてちょっとドキッとしたが、無事だった。

at Taxila, Pakistan on 4/Dec/1999

Posted by snotch at January 5, 2013 5:24 PM
 数日前にインドを出て、パキスタン第三の都市、ラーワルピンディへやって来た。ポピュラーインというバックパッカー宿のドミトリーに落ち着くが、どうにもお腹の調子がおかしくて、だんだんと食欲もなくなり、朝起きると10秒間のオナラが出る。体もダルいので外出する気にもならない。まあそういうこともあるかと思って、しばらく気にしないでいたけれど、そのうちに卵臭いゲップが頻発するようになり、おなかがパンパンになって苦しくなってきたので、さすがに心配になって隣のベッドの旅人に告白してみた。隣人は何か心当たりがあったらしく、ちょっと待ってと言って、手帳を取り出してペラペラと調べ始める。「あった。ランブルベンモウチュウですね」、何じゃそれ。初耳だが、アジアではポピュラーな、小さな寄生虫らしい。お腹の中に虫が居るんだと思うと、ちょっとしたワクワク感を感じつつ、近所の薬局に行き、教えてもらった薬の名前をオジサンにたずねる。オジサンは、お会計台前のメインコーナーにある山積みになっている水色の錠剤を指す。みんなお世話になってるんだなーと感心しつつ、3日分15ルピーで購入。早速宿に帰って服用したら、ものの30分ほどでお腹が元通りに収縮し、やっと動けるようになった今日この頃だ。

 ラーワルピンディには、特にこれといって外国人の興味を惹くようなものは無く、大抵の旅行者は素通りか小休止、滞在する旅行者はそれほど多くない。ちょっと滞在しただけでは捉えどころのない街だが、郊外にタキシラという仏教遺跡の世界遺産があり、隣接する博物館もなかなか見応えあるというので、バスで訪れてみた。広大な遺跡エリアを一日歩いたが、多分、世界で1,2を争う地味な世界遺産ではないかと思う。紀元前6世紀に始まり、5世紀にエフタルに滅ぼされるまでの約千年間、ここに栄えた都市があったということだけど、今となっては大路の面影と建造物の基礎が所々に残るばかりだ。特に飾り立てられることもなく、自然に風化して、都市が草原に戻っていく姿が中々よい。

991204_01.jpg
991204_02.jpg